Healthier Lifeとは

Healthier Life(ヘルシアライフ)は、神戸にある医療・介護従事者のための「こころ」と「からだ」の相談室です。

「なぜ医療・介護従事者が対象なのか?」

医療や介護・福祉などの現場は、業務内容や環境要因によりストレス度合いが極めて高い職場です。

いつも仕事と上手に付き合うことが出来ていたら良いのですが、日々の忙しさに気を取られて体調の変化を見過ごしたり、心身不調に気づいていても責任感などにより気づかぬふりをして無理をしてしまうことがあります。

「我慢強い」と言うと聞こえはいいかもしれませんが、このような状態が長く続くと確実に心や体の疲労が蓄積し、不眠や判断力の低下仕事でミスを起こすなど悪循環に陥ることがあります。

また、放置することで症状が悪化し、急激に体調を崩して回復に時間を要することになります。

実際、新型コロナウイルス感染症の対応などでメンタルヘルス不調を訴えた医療従事者の数はそれまでと比べ3割増加し、燃え尽き症候群などで離職した方の数も増えたというデータがあります。

これらは、ストレス耐性や仕事の進め方、または物事に対する考え方や捉え方を少し変えるだけでも予防することが可能です。

当相談室では、個別カウンセリングや集団研修を通して、心身不調の予防に関する知識実践可能な手段について情報を提供致します。

個別カウンセリングでは、お一人お一人がご自身の健康に目を向ける機会を提供し、必要に応じてお悩みやお困りごとに対するアドバイスや最善策をご提案いたします。

集団研修では、職場(医療施設など)のお困りごとをお聞きし、解決したい問題にアプローチできるよう、オーダーメイドの研修も承っております。

「いつもと何かが違う」という違和感は、こころやからだからのサインとお考え下さい。もしお心当たりがある場合は、一度立ち止まってご自身の心身に目を向けましょう。

現場で働く皆さまが、ご自身の健康に気遣いながら満足したパフォーマンスを発揮できるようサポート致します。

名前の由来

Healthier


Healthy
(健康な、健康的)


er
(比較級)

※ 比較級:AとBとを比べるときに使用する

今と未来を比較して、「今よりも健康的な生活・人生を」という意味が込められています。

理念

Be healthy,


be happy and be yourself.

健康で、幸せで、そしてあなた自身であれ

これは私自身が生きていく上で大切にしていることです。どのような職業や生活背景、年齢であっても、各々が「健康」「幸せ」「自分らしさ」を大切にしていれば、自然と周囲にもその影響が波及すると考えています。

日々仕事だけで一日が終わっていませんか?

好きなことややりたいことを実現できていますか?

一人ひとりが健康かつ幸せを感じながら、あなたらしさを大切にした人生を送ってほしい。

その思いでこの事業を始めました。

目的

「 医療・介護従事者が、自身のワーク・ライフ・バランスを大切にしながら楽しく健康に働くこと。」

地域住民の健康増進と、地域医療の質を向上させること。」

【 期待される効果 】

  • 医療・介護従事者が心身ともに健康であることは、その地域に暮らす人々がより質の高い治療やケアを受けられるだけでなく、地域住民の健康増進にもつながります。
  • 一人ひとりがワーク・ライフ・バランスを意識することで、プライベートの充実に加えて仕事に対するやりがいやモチベーションの向上、職場環境の改善が期待されます。
  • 医療従事者等が生き生きと働くことでそれらの職業を目指す人材が増え、地域医療が活性化すると考えます。

※ Healthier Lifeは神戸を拠点にしています。遠方等ではサービスをご提供できない場合がございます。一度ご相談ください。